m3.com トップ>医療維新>医師調査|アンケート:...>「銘柄処方」約9割、「一般名処方」は5%にすぎず◆Vol.3

「銘柄処方」約9割、「一般名処方」は5%にすぎず◆Vol.3

患者の後発品選択促進のために「対応している」は医師の4分の1

2010年4月9日 村山みのり(m3.com編集部)


Q.2【医師のみ】現在、処方せんの発行は銘柄処方、一般名処方のどちらの方法で行っていますか。勤務医の90.2%、開業医の82.9%が銘柄処方を行っており、一般名処方をしていると解答した医師はわずか5%程度、銘柄処方・一般名処方の両方の方法を取っている回答者を加えても、全体の15%にとどまった。自由記入欄では、「製品名で処方している間は後発医薬品の使用は進まない」「すべて一般名表示とし、1回服用時の用量を表示すれば、お互いに署名・報告等の必要がなく時間的・経済的ロスが解消する(変更不可の場合は製品...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事