m3.com トップ>医療維新>医師調査|アンケート:...>医療機関への調剤変更連絡、半数弱が「1回ごと」◆Vol.6

医療機関への調剤変更連絡、半数弱が「1回ごと」◆Vol.6

方法はFAXが最多、書面で持参の例も多数

2010年4月19日 村山みのり(m3.com編集部)


Q.8【薬剤師】薬局において後発医薬品への変更調剤が行われた場合には、調剤した薬剤の銘柄等について、調剤薬局は当該処方せんを発行した医療機関に情報提供することが義務付けられています。現在、この情報提供は、どのような頻度・方法で行っていますか。処方医への後発品変更連絡の頻度は、「1回ごと」が最も多く46.1%。次いで「1日分をまとめて」が32.8%だった。連絡方法は、FAXが最多で約6割を占めた。「その他」では「書面で直接手渡し」との回答が多く、「郵送」「お薬手帳」「患者本人が次回受診時に報告」な...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事