m3.com トップ>医療維新>医師調査|アンケート:...>後発品の使用「促進される」が約7割◆Vol.7

後発品の使用「促進される」が約7割◆Vol.7

開業医は対策効果の見込みが低い傾向

2010年4月21日 村山みのり(m3.com編集部)


Q.9薬局における後発医薬品への変更調剤を認めること、後発医薬品への変更を行った場合の処方せん発行医療機関への情報提供の義務化などにより、後発医薬品の使用はどの程度促進されると思いますか。勤務医・開業医・薬剤師とも、「ある程度促進される」との回答が最も多く、全体の6割前後。「大いに促進される」と合わせると、回答者の約7割が「促進される」と考えている。なお、勤務医・開業医・薬剤師の3者間で、回答割合の傾向には大きな差は見られなかった。Q.10その他、ご意見等がございましたら、ご自由にお書きください...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事