m3.com トップ>医療維新>オピニオン>医師と弁護士の責任を考える-亀田総合病院・小松氏◆Vol.2

医師と弁護士の責任を考える-亀田総合病院・小松氏◆Vol.2

東京女子医大院内事故調査委員会を例に検証

2010年4月28日 小松秀樹(亀田総合病院泌尿器科顧問)


人権侵害調査委員会の報告書は、非科学的な調査に基づいて秘密裏に作成され、その過程で佐藤医師の意見を聞く機会は設けたものの、最終的に反論を述べる機会を与えることなく、佐藤医師に過失があったと結論付けた。報告書の内容の重大性から見て、法律家なら誰でも、人権擁護の観点から手続に問題があると認識できたはずである。オブザーバーとして弁護士が参加していたならば、手続上問題があると助言すべきだった。報告書は遺族に渡され、遺族はメディアに発表した。佐藤医師は遺族に報告書が渡された後、内容を知った。この報告書のた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。