m3.com トップ>医療維新>インタビュー>何のための裁判だったか、いまだ分からず- 須田セツ子・元川崎協同病院医師に聞く◆Vol.4

何のための裁判だったか、いまだ分からず- 須田セツ子・元川崎協同病院医師に聞く◆Vol.4

行政処分でも困らず、高齢の患者の診療だけが気がかり

2010年5月13日 聞き手・橋本佳子(m3.com編集長)


「55歳であり、私個人としては医療から離れてもいいと思っているが、『私は医師でなくなったので、診ることができない』とは患者には言えない」と語る、須田セツ子氏。――「殺人罪」で有罪になっても、「実害がない」とおっしゃいましたが、行政処分が行われれば、医療ができなくなります。川崎協同病院を辞める際は、長年務めていた病院でもあった上、「最期を看取ってほしい」という患者さんを残してきたので非常に心苦しかった。この診療所にも、そうした患者さんがいるので、医療ができなくなれば、その思いに応えられないことが非...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

産婦人科医の過労自殺、行政訴訟で労災認定◆Vol.5 2019/11/19

産婦人科医の過労自殺、行政訴訟で労災認定◆Vol.4 2019/11/11

スポーツ医学のこれから、リスクを最小化するアプローチ-守屋拓朗・千葉労災病院整形外科副部長... 2019/11/2

総合診療医、活躍の場は「病院と診療所」-帯広協会病院・総合診療科◆Vol.3 2019/10/28

ラグビー日本代表の前チームドクターはチーム内外で重責を担ったスポーツ医学のこれから、リスク... 2019/10/26

学長就任の最終年度、創立150周年を見据えて-竹中洋・京都府立医大学長に聞く 2019/10/25

卒後8年目の医師が総合診療科、立ち上げ-帯広協会病院・総合診療科◆Vol.2 2019/10/22

診療に当たっては医師も「在宅医療PA」の指示で動く-安井佑・やまと診療所院長に聞く◆Vol... 2019/10/20

厚労省と医療界「声を上げれば変わる!」-久米隼人・厚労省改革若手チーム代表に聞く◆Vol.... 2019/10/20

開設7年目の診療所が東京で120床の病院開院の訳-安井佑・やまと診療所院長に聞く◆Vol.... 2019/10/13

産婦人科医の過労自殺、行政訴訟で労災認定◆Vol.3 2019/10/13

厚労省改革に向けた3つの方向性を提示-久米隼人・厚労省改革若手チーム代表に聞く◆Vol.2 2019/10/12

もう“拘牢省”とは言わせない!-久米隼人・厚労省改革若手チーム代表に聞く◆Vol.1 2019/10/4

「千葉の問題は日本の問題」、成功事例目指す-吉村健佑・千葉大次世代医療構想センター長に聞く... 2019/10/4

不適切入試問題、学生選考法を再考する契機-金沢医大学長・副学長に聞く◆Vol.3 2019/10/2

2020年度入試で「卒業生子女入試」新設-金沢医大学長・副学長に聞く◆Vol.2 2019/9/27

450人への“ヒアリングマラソン”実施-吉村健佑・千葉大次世代医療構想センター長に聞く◆V... 2019/9/27

2018年度入試で「同窓生子女に加点」の訳-金沢医大学長・副学長に聞く◆Vol.1 2019/9/19

県のシンクタンク的機能を果たすのが狙い-吉村健佑・千葉大次世代医療構想センター長に聞く◆V... 2019/9/17

データ以上に重要なのは「医療者の勘と経験」-河原和夫・東京医歯大政策科学教授に聞く◆Vol... 2019/9/4