m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|検証・診療報...>今改定の二つの「変革」が次期改定の礎に

今改定の二つの「変革」が次期改定の礎に

嘉山孝正・国立がん研究センター理事長が診療報酬改定で講演

2010年5月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


中医協委員で、国立がん研究センター理事長の嘉山孝正氏は5月8日、神奈川県保険医協会で「今次診療報酬改定と日本の医療の課題」と題して講演、今回の改定が「プリンシプルの改変」「中医協での議論の変革」という2点で特徴的だったと説明。これらの変革が次期改定につながるという観点から、今改定を捉える重要性を強調した。「プリンシプルの改変」の一つが、小泉政権下での社会保障費削減からの転換。昨秋に野田佳彦・財務副大臣は「3%のマイナス」を掲げていたものの、最終的には全体では10年ぶりのネットでプラス0.19%が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事