m3.com トップ>医療維新>医師調査|アンケート:...>診療所は「収益減少」が約半数、2010年度改定◆Vol.1

診療所は「収益減少」が約半数、2010年度改定◆Vol.1

収益に影響した項目は「再診料引き下げ」が最多

2010年5月17日 村山みのり(m3.com編集部)


2010年度の診療報酬改定後、4月のレセプト提出も終わり、その影響度が明らかになってきた。今回の改定は、再診料の引き下げ、外来管理加算の算定要件の見直し、地域医療貢献加算の新設など、診療所にとって重要な項目の変更を含む内容だった。そこで、m3.comは、開業医の医師会員を対象にアンケートを実施した(5月12日-13日実施、有効回答者数:300人)。質問内容は、2010年度改定が診療所の業務や収益にどの程度影響を与えているのか、またそれらへの対応など。調査結果と自由意見を合わせて、計6回に分けて紹...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事