m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|検証・診療報...>「他院受診依頼の経験あり」8割、「勝手受診」問題も浮き彫りに

「他院受診依頼の経験あり」8割、「勝手受診」問題も浮き彫りに

岡山県保険医協会が今改定で緊急調査、改善求め厚労省に要望

2010年5月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


岡山県保険医協会は5月19日、会員を対象に実施した「入院中の患者の他院受診緊急実態調査」の第2次集計の結果を公表した。「自院入院中の患者を他院に診察依頼した経験がある病院・有床診療所」79.5%、「他院入院中の患者を外来診察した経験がある医療機関」59.1%と高率である一方、「他院入院中の患者を対診した経験がある医療機関」は23.5%にとどまった(詳細は、同協会のホームページを参照。PDF:1.52MB)。さらに、「他院受診」の理由は多岐にわたり、入院医療機関からの依頼に限らない実態も浮き彫りに...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事