m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>「大綱案は欠陥品、対話型システムの確立を」◆Vol.39

「大綱案は欠陥品、対話型システムの確立を」◆Vol.39

民主党議連WGで木ノ元氏、「広尾病院事件の最高裁判決でも21条問題は解決せず」

2010年5月27日 橋本佳子(m3.com編集長)


民主党の「適切な医療費を考える議員連盟」の「医療安全管理と医療訴訟に関するワーキングチーム」は5月26日、第2回会議を開催、弁護士の木ノ元直樹氏が講演した。木ノ元氏は、日本救急医学会が2009年11月にまとめた「医療事故の調査などに関する日本救急医学会の提案(案)について」(『医療者の自律的な院内事故調査が基本-日本救急医学会理事・有賀徹氏に聞く』を参照)の作成に、弁護士の立場として携わった。その立場から、「医療事故調査制度設計上の7つのポイント」を紹介、その上で厚生労働省の第三次試案、大綱案を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。