m3.com トップ>医療維新>レポート|厚生科学審議...>8ワクチンの「ファクトシート」提出、疾病知見・予防接種効果など◆Vol.9

8ワクチンの「ファクトシート」提出、疾病知見・予防接種効果など◆Vol.9

任意接種ワクチンの公費助成、2009年度以降急増、定期接種とするか年内に結論

2010年7月8日 村山みのり(m3.com編集部)


8ワクチンの「ファクトシート」提出、疾病知見・予防接種効果など7月7日、厚労省・厚生科学審議会感染症分科会・予防接種部会(部会長:加藤達夫・成育医療研究センター総長)で、現在予防接種法で定期接種となっていない疾病・ワクチン8種類について、今後の検討の基礎資料となる「ファクトシート(2010年7月7日版)」が提出された。各対象疾患の基本的知見、予防接種の目的と導入により期待される効果、ワクチン製剤の現状と安全性等に関する事項などを整理したもので、対象となったのは8疾患で、インフルエンザ菌b型(Hi...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事