m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|参議院議員選...>日医連推薦・支援の3候補、参院選でいずれも落選

日医連推薦・支援の3候補、参院選でいずれも落選

歯科医師、薬剤師、看護師団体の推薦・支持候補の当選とは対照的

2010年7月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


第22回参議院議員選挙の投開票が7月11日行われ、日本医師連盟が比例代表候補として「推薦」した民主党の安藤高夫氏(新人、医療法人永生会理事長)が落選、そのほか、「支援」とした自民党の西島英利氏(現職)、みんなの党の清水鴻一郎氏(元衆議院議員)も同じく落選という結果に終わった。日医連は昨年1月に西島氏の推薦を決定していたが、今年4月の日本医師会会長選挙で、民主党とのパイプを強調した原中勝征氏が当選、その後、推薦候補を安藤氏に変更した経緯がある。安藤氏は、日医連のほか、日本医療法人連盟、日本病院会政...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事