m3.com トップ>医療維新>医師調査|2010年度...>勤務医の負担軽減、「対策を実施」が8割◆Vol.7

勤務医の負担軽減、「対策を実施」が8割◆Vol.7

「改定の恩恵を勤務医個人に還元しなければ意欲維持・増員は不可能」

2010年7月21日 村山みのり(m3.com編集部)


Q.10貴院では、勤務医の負担軽減に資するため、何らかの対策を実施していますか(複数回答)「特に行っていない」との回答は2割。8割の回答者は、勤務医の負担軽減のために何らかの対策を行っているとした。最も多かったのは「医師事務作業補助者の配置」で、43.1%がこれを挙げた。次いで「IT化の推進などインフラ整備」「業務に対する手当の支給」「他医療機関との連携推進」がそれぞれ3割強だった。Q.11その他、前問の勤務医の負担軽減策のうち、貴院の特徴的な取り組みなど、ご意見をご自由にお書きください。【休日...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事