m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|緊急対談・院...>「アウトブレイクで警察が介入」では医療は成り立たず◆Vol.1

「アウトブレイクで警察が介入」では医療は成り立たず◆Vol.1

死亡と院内感染との因果関係の証明は困難

2010年9月16日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


帝京大学医学部附属病院は9月3日、記者会見を開き、多剤耐性アシネトバクターによる院内感染を公表した。メディアで連日報道される中、警察による任意聴取が開始され、医療界からは警察による介入を疑問視する声が多数上がっている。院内感染はいくら徹底しても、100%防止することは不可能。自治医科大学医学部感染免疫学講座・臨床感染症学部門・准教授の森澤雄司氏と、福島県立大野病院事件で被告医師の弁護人を担当した弁護士の安福謙二氏に、今回の帝京大学の事例などを基に、院内感染対策と刑事司法の観点から語っていただいた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事