m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|緊急対談・院...>「リスク高い医療で感染症」で刑事罰を問うのか◆Vol.2

「リスク高い医療で感染症」で刑事罰を問うのか◆Vol.2

「院内感染症死」なら異状死の届け出義務が生じるのか

2010年9月17日 橋本佳子(m3.com編集部)


――帝京大学の「外部委員報告書」は、感染と死亡との関係について、(1)因果関係が否定できない、(2)因果関係が不明、(3)因果関係なし、の三つに分けていますが、「因果関係なし」に該当するのは、どんな場合なのでしょうか。「一番安全な医療を行うためには、どうすればいいか。それは患者さんを診ないことです、となったら、それは本当に怖いこと」(森澤雄司氏)森澤この辺りは臨床サイドの方でないと、分かりにくいでしょうが、「明らかな他病死」はあると思います。あるいは一過性に、感染症の症状を呈していても、明らかに...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事