m3.com トップ>医療維新>レポート|適切な医療費...>2012年同時改定のカギは「療養」と「在宅」の連携◆Vol.9

2012年同時改定のカギは「療養」と「在宅」の連携◆Vol.9

新会長に中野寛成・衆院議員、「新薬創出加算」なども今後検証

2010年10月8日 橋本佳子(m3.com編集長)


「適切な医療費を考える民主党議員連盟」の第9回総会が10月7日、開催された。従来、会長だった桜井充・参議院議員が財務副大臣に就任したのに伴い、政務三役は議連役員を兼務できないことから会長を交代、新たに中野寛成・衆議院議員が就任した。桜井氏は「議連の発足当時は、政策調査会や各部門会議がなかったが、現在はできたので、今後、この議連の意義を考えなくてはいけない」と述べつつも、議連の重要性は認め、「これまで医療分野は抑制され、相当苦労させられた。『私は医療費を削減する立場にはない』と言っており、厚生労働...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事