m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>「ねじれ執行部の心は予想以上に一つ」、原中日医会長

「ねじれ執行部の心は予想以上に一つ」、原中日医会長

臨時代議員会で就任以降を総括、「全員加入の医師会目指す」との発言も

2010年10月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


原中日本医師会会長は、臨時委員会の冒頭、約17分にわたり、挨拶した。10月24日の第123回日本医師会臨時代議員会の冒頭で挨拶した原中勝征・会長は、今年4月の会長就任以降を総括し、副会長は3人とも自らの推薦者ではない、“ねじれ執行部”であっても、「この6カ月間、本当に自分が予想した以上に、新執行部が心を一つにして、会員、国民のために医師会がどうあるべきかを論じてきた。その結果が少しずつ出ているのではないかと思っている」との見解を述べた。日本医師会会長選挙の在り方のほか、診療報酬については、基本診...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。