m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>産科医療補償制度の“埋蔵金”に批判相次ぐ

産科医療補償制度の“埋蔵金”に批判相次ぐ

社会保障審議会医療保険部会、初年度の支払備金は262億円

2010年11月15日 橋本佳子(m3.com編集長)


11月15日に開催された厚生労働省の社会保障審議会医療保険部会で、2009年1月からスタートした、「産科医療補償制度」の概要が報告された。2009年1年間の収支報告で、収入保険料からこれまでに支払った保険金や事務経費を差し引いた「支払備金」が約262億円に上ることに対し、委員から批判が相次ぎ、保険料など制度の見直しを求める声が多数上がった(同部会の資料は厚労省のホームページに掲載)。厳しい意見を呈した一人が、岩本康志・東京大学大学院経済学研究科教授。「補償対象は年間500人から800人を想定して...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。