m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療推...>病棟配置のコメディカルにも診療報酬の評価必要◆Vol.11

病棟配置のコメディカルにも診療報酬の評価必要◆Vol.11

「取りまとめは、ガイドラインではなく、事例集にとどまる」、山口座長

2010年11月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「チーム医療推進会議」の「チーム医療推進方策検討ワーキンググループ」(座長:山口徹・虎の門病院院長)の第2回会議が11月19日開催され、チーム医療について、4人のワーキンググループ委員へのヒアリングが行われた。発表者は、近森正幸・近森病院院長、栗原正紀・長崎リハビリテーション病院理事長、徳田貞久・医療法人禎心会理事長、川越厚・クリニック川越院長。ヒアリングで浮び上がったのは、患者の高齢化に伴い、栄養管理やリハビリ、口腔ケアなど、原疾患の治療に加えて様々なかかわりが必要であること、また...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。