m3.com トップ>医療維新>レポート>「病院外来の40:1人員配置は根拠不明」、医療提供体制を議論

「病院外来の40:1人員配置は根拠不明」、医療提供体制を議論

社保審・医療部会、「病床数・機器数データの意味・結果の議論を」

2010年12月3日 村山みのり(m3.com編集部)


12月2日、厚生労働省の社会保障審議会・医療部会は医療提供体制のあり方について議論を行った。事務局(厚労省)は、日本における医療施設・病床整備の経緯、医療施設数の動向、医療従事者・医療機器の状況などについて資料を提出。医療施設体系に関する論点として、以下3点を提示した。・人口・世帯構造や疾病構造の変化等を受けて、病院、診療所、薬局等には、患者のニーズ(急性期治療、リハビリ、長期療養、在宅医療など)に応じた医療機能の観点から、どのような役割が期待されるか。・一般病床、療養病床の病床区分や介護保険の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

第3期がん基本計画、策定に向け議論本格化 2016/5/27

四病協が日本専門医機構に「質問状」 2016/5/26

「過度に委縮しないで」医療情報化の推進、JUMPが提言 2016/5/25

第7次医療計画に向けて策定指針を議論、厚労省 2016/5/22

医学系研究3指針、個情法改正に伴う見直し優先 2016/5/20

「美容関連学会の自浄作用を期待」、医療機関のHP巡って議論 2016/5/20

「医学界もデータシェアリング導入を」、AMED末松氏 2016/5/18

胃がん手術の権威が退職記念講演、「医の原点は愛」 2016/5/13

外科医の待遇改善に「インセンティブを」 2016/5/9

人材育成で「外科医の新たな価値創出を」、澤会頭 2016/5/6

外科の待遇改善、「医師と施設の集約化必要」 2016/5/3

「若手が憧れるキャリアパス実践を」、外科新専門医 2016/4/30

「公衆衛生の仕事を」熊本県医師会から要望 2016/4/27

日病会員の8割、勤務医不足解消に「総合診療医育成」 2016/4/26

ゲノム医療のプラットフォーム、「dbTMM」開発 2016/4/23

高齢化率52%、限界集落で診療所長◆Vol.3 2016/4/16

「臨床研究一般の萎縮が生じる」との懸念も 2016/4/15

患者申出療養、かかりつけ医が成功のカギ 2016/4/14

在宅連携、「医師の意識改革が必要」日医 2016/4/14

「今の医療に疑問」、キャリア捨てへき地医療へ◆Vol.2 2016/4/9