m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)|トラブル対策...>危険な態度!「取りあえず謝っておこう…」

危険な態度!「取りあえず謝っておこう…」

医療安全対策の常識と工夫◆Vol.13

2011年2月15日 京都府保険医協会・医療安全対策部会


言うまでもなく医師は、「患者さんに少しでも良くなって貰う」ことを願いながら診療しています。それ故、患者さん本人は勿論のこと、医師にとっても自分の行った医療行為が、予想外に悪い結果をもたらした場合、そのショックは図り知れません。また、それと同時に医事紛争の気配が漂ってきます。その時、患者さんやその家族は驚き、怒り、不信感を募らせ、医療機関側に詰め寄ることもあるでしょう。そのような時、医師も平常心が保たれているとは限りません。それでなくとも予想外の結果となったのですから、医師も結果の悪さのみを判断し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事