m3.com トップ>医療維新>レポート>国立がん研究センター、独法化後、「大黒字」

国立がん研究センター、独法化後、「大黒字」

「自立・自律・自浄」で業務改革、収支差は計画値の2.9倍に

2011年2月5日 橋本佳子(m3.com編集長)


国立がん研究センターは2月4日、「独立行政法人化後の取り組みの総括と今後の展望」というテーマで記者会見を開き、同センター中央病院がある「築地キャンパス」の2010年度の収支差は、11月時点で当初計画値の2.9倍になっていることを明らかにした。2010年4月の独立行政法人化時の「所信表明」で掲げた「自立、自律、自浄」をキーワードに(『「自立、自律、自浄がキーワード」、嘉山孝正・国立がん研究センター理事長』を参照)、組織・運営面で様々な業務改革を行う一方、医療・研究の充実を進めた結果だ。2010年度...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

日医、AIと医療で提言、「医療従事者とAIが協調する医療の実現を」 2018/6/21

新たな「重症度、医療・看護必要度」は妥当、四病協・島氏 2018/6/20

「HPVワクチン接種、一刻も早く積極的勧奨、再開を」 2018/6/20

【6/21復旧状況追記】国循で63人転院、142人一時退院、6人転倒で軽傷 2018/6/19

健康格差に関する行動指針、「三重宣言2018」公表 2018/6/17

外国人診療、「医療機関ではどうにもならない問題」 2018/6/16

「診療報酬を故意に不正・不当請求」、国は答弁書で特定せず 2018/6/14

日医会長選「サプライズを!」、塩見氏 2018/6/14

日病協、「医療費推計そのものの見直しを」 2018/6/13

日医会長選挙、現職横倉氏のほか、塩見氏が立候補 2018/6/13

千葉大病院でCT報告書確認ミス、2人死亡 2018/6/8

薬の広告規制違反でペナルティー強化、「不当利得」返還も 2018/6/7

「医療が取り残されることあってはならない」横倉会長 2018/6/7

精神保健指定医不正申請への行政処分完了、今回は34人 2018/6/7

遠隔服薬指導を含めたオンライン医療推進、規制改革委が答申 2018/6/5

横倉日医会長、4期目目指し出馬表明、注目は副会長選挙 2018/6/3

“割りばし事件”、無罪に導いた医師証人、経験を語る 2018/6/2

国がん、国循、長寿が役割や課題を陳述 2018/6/1

都道府県の医療機関情報サイト、口コミやQIを載せるべきか 2018/6/1

横倉日医会長「社会保障は政争の具にしてはならない」 2018/5/31