m3.com トップ>医療維新>レポート|今後の医学部...>「2022年には医師過剰時代が到来」、千葉大病院長◆Vol.3

「2022年には医師過剰時代が到来」、千葉大病院長◆Vol.3

「北海道に医学部新設を」と北海道乙部町長、新設めぐり意見分かれる

2011年2月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


文部科学省の「今後の医学部入学定員の在り方等に関する検討会」の第3回会議が2月18日開催され、異なる3人の立場の関係者へのヒアリング、ディスカッションという形で展開された。千葉大学医学部附属病院長の河野陽一氏は、在宅死率を現状の12%とし、急性期・療養型、外来で一定の条件を設定、医学部定員を2011年度の「8923人」として試算した結果、2022年には総医師数が必要医師数を上回るとの推計を示した。また医学部定員が「8923人」では、人口10万人当たりの医師数がOECD平均になるのは2026年だが...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事