m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療推...>チーム医療の実践的事例を提示、推進方策検討WG◆Vol.18

チーム医療の実践的事例を提示、推進方策検討WG◆Vol.18

「実証事業の参加施設は手上げで公募」、村田医事課長

2011年3月3日 村山みのり(m3.com編集部)


3月2日、厚生労働省・チーム医療推進方策検討ワーキンググループ(座長:山口徹・虎の門病院長)において「チーム医療推進のための基本的な考え方と実践的事例集(案)」の検討を行った。同報告書ならびに事例集は、チーム医療推進のための基本的考え方、急性期・救急医療、回復期・慢性期医療、在宅医療など、各ステージにおけるチーム医療の現状と期待される効果・ポイントを解説。加えて、栄養サポートチーム、薬剤師病棟配置、周術期(集中治療)における事例など、28のチーム医療について、目的・効果、関係する職種とチームにお...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。