m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>「人工透析、カリウム上昇への配慮を」

「人工透析、カリウム上昇への配慮を」

情報交換は、日本透析医会の「災害情報ネットワーク」の活用を

2011年3月16日 星良孝(m3.com編集部)


「透析患者を診たら、注意すべき点は2つに尽きる」。透析医に取材すると、震災の際に注意すべき点をこう説明する。日本透析医学会と日本透析医会は、透析医療に関する問い合わせの窓口を一本化(災害情報ネットワーク)して、情報のやり取りに奔走している。会員医師には問い合わせが頻繁に行きかっており、医師、患者の情報ニーズが高いことをうかがわせる。透析医は注意すべき点の1つとして、「一つ目はカリウムの上昇を避けること」を挙げる。透析を行わない場合、高カリウム血症が懸念される。血中のカリウムが上昇し、カリウムが7...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事