m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>「医薬品等の不足はガソリン不足が原因」、原中日医会長

「医薬品等の不足はガソリン不足が原因」、原中日医会長

国交省などに要望、「解決に向かうと期待」

2011年3月16日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会会長の原中勝征氏は、3月16日の記者会見で、被災地の現状について、「最初は電気や水道などのライフラインが途絶えていた。最近、顕著になったのが、医薬品、食料、日用品などの不足であり、その原因は輸送方法、ガソリンの不足によることがはっきりしてきた。日医としてすぐ国土交通省をはじめ、各方面に対して、輸送の大切な動脈となる有料道路の再開などをお願いした」とコメントした。原中氏は働きかけの結果、3月16日の朝からは、常磐自動車道が水戸まで開通するなど、状況は改善しているとし、「少しずつガソリンの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事