m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>「一度は心が折れた」、JMAT医師が報告

「一度は心が折れた」、JMAT医師が報告

「人、インフラ、財政支援が必要」と提言

2011年3月16日 橋本佳子(m3.com編集長)


3月16日の日本医師会会見で、日医災害救急対策委員会の永田高志氏(九州大学病院救命救急センター)は、JMAT(日本医師会災害医療チーム)の第一弾として3月13日から15日まで福島県いわき市で活動した内容を報告、「私はアフガニスタンで医療活動を行ったことがあるが、その時と同じ衝撃を受けた。また救急医療の現場でも修羅場をくぐってきたが、今回は心が一度は折れた。それくらい辛かった」と感想を述べた(会見内容は、『「医薬品等の不足はガソリン不足が原因」、原中日医会長』を参照)。「辛さ」の具体的理由として、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事