m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>日医、医薬品を米国横田基地から宮城・岩手に空輸

日医、医薬品を米国横田基地から宮城・岩手に空輸

福島には愛知小牧空港から、3県で10トン分

2011年3月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会3月19日、日本製薬工業協会の協力を得て、約20の製薬企業から無償提供を受けた医薬品を、宮城県、岩手県、福島県の3県に空輸した。宮城県と岩手県分は計8トントラック分で、米軍横田基地から米軍機で、まず仙台空港、その後、花巻空港に輸送する。福島県分は2トントラック分で、愛知・小牧空港から民間機で、福島空港に運ぶ。その後は、三県の医師会が、現地のトラック協会の協力などを得て、県内各所に輸送する。輸送先は、救護所や医療機関など。19日夜、あるいは20日には、各地の医薬品が届く予定。宮城・岩手輸...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事