m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>「診療中に涙がこぼれた」、甚大損害の被災地において

「診療中に涙がこぼれた」、甚大損害の被災地において

避難所を支援した小出医師と東北大学中里教授が現地支援の現状を報告

2011年3月23日 小出泰道(静岡てんかん・神経医療センターてんかん科)、中里信和(東北大学てんかん科教授)


国立病院機構の支援チームとして被災地に入った静岡の小出泰道医師。甚大な被害を受けた被災地からと連絡を取り合う東北大学の中里信和教授。てんかんの医療を通して、避難所で疾患を持つ患者と治療の現状を語る。ローラー作戦で患者拾い上げ、手分けして患者を診療小出泰道(静岡てんかん・神経医療センターてんかん科)現地での活動のご報告させていただきます。行程としては、西新潟中央病院のチームと、花巻から釜石に入り、そこから沿岸部の大槌町→山田町と移動して、山田南小学校に入りました。ここでは我々国立病院機構のほかに昭...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

東日本大震災(被災地の現場から)に関する記事(一覧

「津波で全壊」、病院復興への軌跡を語る 2011/12/13

“双葉病院事件”の真相、当事者医師、語る 2011/11/1

「AllJapan」で実施、約10年のスパンで-東北大学医学部長・山本雅之氏に聞く◆Vol... 2011/10/10

現地リポート、震災から半年の石巻の今◆Vol.3 2011/9/29

救急受入と「入院制限」という矛盾に直面-南相馬市立総合病院院長・金澤幸夫氏に聞く◆Vol.... 2011/9/27

「東北メディカル・メガバンク構想」とは-東北大学医学部長・山本雅之氏に聞く◆Vol.2 2011/9/22

被災3県、レセプト情報を薬歴把握や医療再建に活用 2011/9/20

心のケア重要、「問題あり」1割超、岩手・被災住民 2011/9/20

現地リポート、震災から半年の石巻の今◆Vol.2 2011/9/16

“有事対応”、医学部新設でなく定員増で-東北大学医学部長・山本雅之氏に聞く◆Vol.1 2011/9/15

「屋内退避指示」、入院患者全員を搬送-南相馬市立総合病院院長・金澤幸夫氏に聞く◆Vol.2 2011/9/14

現地リポート、震災から半年の石巻の今◆Vol.1 2011/9/12

災害対策のカギは人心の把握-双葉厚生病院院長・重富秀一氏に聞く◆Vol.5 2011/8/30

職員の4割は退職、全国各地に移動-双葉厚生病院院長・重富秀一氏に聞く◆Vol.4 2011/8/26

去るものは追わず、志ある人材を期待-福島医大学長・菊地臣一氏に聞く◆Vol.4 2011/8/24

「死ぬ、この世の終わりだと思った」と職員-双葉厚生病院院長・重富秀一氏に聞く◆Vol.3 2011/8/19

福島医大復興ビジョン、「悲劇から奇跡へ」-福島医大学長・菊地臣一氏に聞く◆Vol.3 2011/8/18

突然、病院に警察官、「逃げろ」と指示-双葉厚生病院院長・重富秀一氏に聞く◆Vol.2 2011/8/16

“福島モデル”、県と医大の連携が奏功-福島医大学長・菊地臣一氏に聞く◆Vol.2 2011/8/15

「病院丸ごと避難」、当初は全く考えず-双葉厚生病院院長・重富秀一氏に聞く◆Vol.1 2011/8/11