m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>JMATに日精協が協力、「心のケアが重要」と横倉日医副会長

JMATに日精協が協力、「心のケアが重要」と横倉日医副会長

3月22日現在62チームを派遣、期間延長の方針

2011年3月24日 村山みのり(m3.com編集部)


日本医師会は3月23日、定例記者会見において、日本精神病院協会から協力の申し出を受け、今後、JMAT(日本医師会災害医療チーム)に、精神科・心療内科を専門とする医師を加えて活動を行うよう準備を進めていることを発表した。横倉義武・副会長は、「被災から10日が過ぎた。今後、心のケアの問題が重要となってくる」と述べた。JMATは、全国の都道府県医師会において編成されたチームが、1チーム当たり3日から1週間、岩手県、宮城県、福島県、茨城県の4県で被災地の医療機関や避難所の医療を支援するもの(『「医薬品等...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事