m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>「被災者の受診、性善説に基づき対応を」、日医が周知要望

「被災者の受診、性善説に基づき対応を」、日医が周知要望

一部負担金、施設基準、遠隔診療、処方せん取り扱いなどを解説

2011年3月24日 村山みのり(m3.com編集部)


鈴木邦彦・常任理事は、3月23日の日本医師会定例記者会見で、東北地方太平洋沖地震および長野県北部の地震による被災者に対する保険診療等の取り扱いについて、当該地域の被災者は一部負担金の支払いを5月末まで猶予されること、その場合、医療機関は一部負担金を徴収せず、審査支払機関に10割請求することなどを、改めて周知するよう呼びかけた。鈴木氏は、「地震発生以降、厚生労働省から保険診療関係の取り扱いについて通知が順次出されている。一方、被災地や被災者が移動した地域の医療現場では、正確な情報が行き届いていない...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事