m3.com トップ>医療維新>医師調査|アンケート:...>自家発電装置の稼働、「24時間以下」が半数◆Vol.4

自家発電装置の稼働、「24時間以下」が半数◆Vol.4

停電時のオーダリング・電カルは「紙で対応」が最多

2011年4月24日 村山みのり(m3.com編集部)


Q.5-1貴院では、非常用の自家発電設備を設置していますか。また、設置している場合、備蓄燃料による自家発電機の稼動可能時間をお答えください。Q.5-2(設置している施設のみ)備蓄燃料による自家発電機の稼動可能時間非常用の自家発電装置について、「設置している」とした回答は病院では87.3%。一方、診療所ではわずか6.8%にとどまった。設置している医療機関における、備蓄燃料による自家発電機の稼働時間は、「12時間以下」が最多で病院32.8%、診療所35.7%。また、病院・診療所ともに「24時間以下」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事