m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>“医療事故調”を日医が改めて提案へ

“医療事故調”を日医が改めて提案へ

医師法21条を改正、異状死から「医療関連死」を除外

2011年4月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


4月24日に開催された第124回日本医師会定例代議員会で、羽生田俊副会長は、2010年12月に日医内に設置した「医療事故調査に関する検討委員会」で、医師法21条の異状死の届け出から医療関連死の関するものを除外し、新たな届け出先として医療安全調査委員会にするという基本理念で検討していることを明らかにした。近く都道府県医師会に報告書案を示し、意見を聴取する方針だという。山口県代議員の加藤智栄氏によるブロック代表質問への回答。羽生田副会長は、2008年に厚生労働省が「医療安全調査委員会設置法案(仮称)...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。