m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日医総研シン...>警察の捜査につながる仕組みは残っている◆Vol.3

警察の捜査につながる仕組みは残っている◆Vol.3

樋口東大法学部教授、“医療事故調”の必要性を強調

2011年7月27日 橋本佳子(m3.com編集長)


「福島県立大野病院事件、杏林大学“割りばし”事件、東京女子医大事件という三つの医療刑事訴訟で無罪判決が出たが、警察捜査につながる仕組みは、厳然と残っている。医師法21条の濫用は、警察・検察が望んでいたものではない。医療事故を法的に対応するのは、過去を向いた制裁・賠償であり、本来は専門的第三者機関で調査すべき」7月24日の日医総研シンポジウム、「更なる医療の信頼に向けて―無罪事件から学ぶ―」の基調講演を務めた、東京大学法学部教授の樋口範雄氏は、こう述べ、医療事故の原因分析などを行う第三者機関設置、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事