m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>保団連が民間への公的補助求め、厚労省と交渉

保団連が民間への公的補助求め、厚労省と交渉

「復旧・復興厳しく」、議員会館で意見交換会

2011年8月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


全国保険医団体連合会は8月11日、「被災者医療、医療提供体制確保を求める意見交換会」を開催、住江憲勇会長が同日行った厚生労働省との交渉結果を、また被災地の各保険医協会は現状をそれぞれ報告した。各報告から浮き彫りになったのは、被災地の医療機関は復旧・復興に向けて動き始めてはいるものの、公的補助が不十分でなく、東日本大震災後5カ月経ってもなお、厳しい状況にあるという点だ。被災県からは、「南相馬市では人口が半減し、子どもたちはいなくなっている。厳しい環境で医療を提供しており、早急な対策を講じないと、医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事