m3.com トップ>医療維新>レポート|医療の質の向...>無過失補償、“事故調”とセットで議論開始◆Vol.1

無過失補償、“事故調”とセットで議論開始◆Vol.1

初回から議論白熱、医師・弁護士で意見の相違

2011年8月27日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療の質の向上に資する無過失補償制度等のあり方に関する検討会」の第1回会議が8月26日、開催された(資料は、厚労省のホームページに掲載)。議論の注目点は二つ。第一は、2009年1月から開始した「産科医療補償制度」の無過失補償制度を、他の医療にも拡大できるかという点。第二は、原因究明・再発防止の仕組みを並行して議論する点。いわゆる“医療事故調”の検討は、厚労省は2008年に第三次試案、大綱案を出して以降、膠着状態にあったが、無過失補償制度の議論を機に再開することになる。座長には、東北...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事