m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画>放射線被曝検診、申し込みは9000人超 - 南相馬市立総合病院院長・金澤幸夫氏に聞く◆Vol.1

放射線被曝検診、申し込みは9000人超 - 南相馬市立総合病院院長・金澤幸夫氏に聞く◆Vol.1

ホールボディカウンター、借用に苦労も

2011年9月12日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


福島第一原発から23kmの「緊急時避難準備区域」にある、南相馬市立総合病院(230床)。震災直後は、入院患者の全員避難を余儀なくされ、救急車の搬送があるにもかかわらず、入院制限を指示されるという厳しい状況が続いた。南相馬市の震災前の人口は約7万1000人。一時は1万人台に減った人口も、約4万人に戻った。南相馬市立総合病院は現在、市民の放射線被曝検査という役割も担う。同病院の院長を務める金澤幸夫氏に、震災直後から現在までの診療状況、さらには南相馬市が抱える医療の課題についてお聞きした(2011年9...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事