m3.com トップ>医療維新>レポート|医療の質の向...>フランスの無過失補償制度などを検証◆Vol.2

フランスの無過失補償制度などを検証◆Vol.2

事故件数など制度設計の前提となるデータ求める意見も

2011年10月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療の質の向上に資する無過失補償制度等のあり方に関する検討会」(座長:里見進・東北大学病病院長)の第2回会議が9月30日、開催され、諸外国の無過失補償制度について検討した対象は、フランス、スウェーデン、デンマーク、ニュージーランドの4カ国。厚労省大臣官房参事官の木村博承氏は、「総論的には、医事紛争が多発しており、裁判に発展、それが長期化し、何らかの対応が必要という背景から、無過失補償制度の導入が進んだ」と説明。中でも最も直近で導入したのは、2002年に開始したフランス。「一番新しい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事