m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>医師派遣、「被災者健康支援連絡協」の役割に変化なし

医師派遣、「被災者健康支援連絡協」の役割に変化なし

厚労省「相双地域医療従事者確保支援センター」設置受け、会見

2011年10月5日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会は10月5日の定例記者会見で、被災者健康支援連絡協議会の現状について、同協議会事務局長で日医副会長の横倉義武氏、全国医学部長病院長会議顧問の嘉山孝正氏が説明した。嘉山氏は、厚生労働省が10月4日に発足させた、福島県の「相双地域医療従事者確保支援センター」の設置について、「被災地への医師の派遣に大きな変換があったわけではない。本協議会が従来通り、医師を派遣していく」と解説した。「相双地域医療従事者確保支援センター」は、環境相兼原発事故担当相の細野豪志氏が、10月2日に福島県を視察した際に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。