m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>専門医の検討会発足、2012年度末をメドに報告書

専門医の検討会発足、2012年度末をメドに報告書

「医師の質向上」と「偏在の是正」が論点、総合医も議論

2011年10月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」の第1回会議が10月13日開催された。座長には自治医科大学学長の高久史麿氏が、座長代理には国際医療福祉大学大学院長の金澤一郎氏がそれぞれ就任。委員は、日本専門医制評価・認定機構理事長の池田康夫氏、日本医師会常任理事で生涯教育担当の三上裕司氏などのほか、医師、行政、患者代表の立場など、計17人から成る(資料は厚労省のホームページに掲載)。厚労省医政局長の大谷泰夫氏は、会議の冒頭、「医師の質の向上と偏在の是正の観点から、専門医の在り方について検討していただ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事