m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>復興拠点としてナショナルセンターの設置を

復興拠点としてナショナルセンターの設置を

日医代議員会、星・福島県医師会常任理事が要望

2011年10月24日 橋本佳子(m3.com編集長)


10月23日の日本医師会の第125回臨時代議員会で、福島県医師会常任理事の星北斗氏は、東日本大震災の被災地の立場から提案、要望した。星氏はまず、厳しい状況に置かれ、職員を解雇せざるを得なかった医療機関もある上、県外への医療者の流出も著しいと指摘。早急な対応が必要だったとするとともに、公的医療機関に限らず、民間でも復興財源を活用できるよう、地域医療再生基金や2011年度第3次補正予算のさらなる弾力的運用を求めた。またJMATの活動を評価、今後、同様の震災が生じた場合に備え、予算を確保しJMATを充...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。