m3.com トップ>医療維新>レポート|臨床研修マッ...>過去最低を更新、大学での研修者、2011年度マッチング最終結果

過去最低を更新、大学での研修者、2011年度マッチング最終結果

被災3県では研修者減少、医師不足深刻化の懸念も

2011年10月27日 橋本佳子(m3.com編集長)


医師臨床研修マッチング協議会が10月27日に公表した、2011年度医師臨床研修マッチングの最終結果により、大学病院に研修先が決まった人の割合が過去最低を更新したことが明らかになった。過去最低だった2010年度の47.9%から、0.8ポイント減の47.1%で、一方、臨床研修病院での研修者は52.9%(2010年度の結果は、『過去最低の割合に、大学での研修者、2010年度マッチング最終結果』、『「定員100%充足」の大学は半減』を参照)。2004年度の必修化前、約7割だった大学病院での研修者は、マッ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

臨床研修マッチングに関する記事(一覧

研修医が集まる「レジ室」の秘密とは-済生会横浜市南部病院◆Vol.2 2019/3/23

「マッチング倍率で躍進」の真実-済生会横浜市南部病院◆Vol.1 2019/3/23

マッチ率100%は11大学、大学人気低下傾向続く 2018/10/19

6都府県の研修医割合、下げ止まり、2018年度マッチング最終 2018/10/18

初期研修医も入職1週間でER当直-さいたま赤十字病院 2018/10/17

マッチング中間で大躍進の獨協医大、「ぶっとびHP」奏功 2018/10/13

医師臨床研修マッチング結果2018 2018/9/28

1位虎の門、2位聖路加、3位関東労災2018マッチング中間 2018/9/23

東大5年ぶり1位、東京医科歯科大が2位、2018マッチング中間 2018/9/21

マッチ率100%は10大学、大学人気下げ止まらず 2017/10/21

大都市圏の研修医割合、9年連続減―2017年度マッチング最終結果 2017/10/19

医師臨床研修マッチング結果まとめ2017 2017/9/27

1位聖路加、2位武蔵野日赤、3位亀田、2017年度中間マッチング 2017/9/23

医科歯科、東大の2強変わらず、杏林大が3位に、2017マッチング中間 2017/9/22

15大学がマッチ率100%、人気の二極化進む 2016/10/22

大都市圏以外に過去最多の研修医、2016年度マッチング最終結果 2016/10/20

「全ての面で市中病院が圧倒」、マッチングの動向 2016/10/17

1位聖路加、2位虎の門、3位横浜市立市民、2016年度中間マッチング 2016/9/26

医科歯科、東大、京大の「三強」不変、2016年度中間マッチング 2016/9/23

マッチ率100%は8大学、群馬大は研修医半減(2015年11月2日訂正) 2015/10/23