m3.com トップ>医療維新>レポート|医療の質の向...>医賠責の支払い、年間300億円は妥当な数字か◆Vol.3

医賠責の支払い、年間300億円は妥当な数字か◆Vol.3

事故被害者へのヒアリング、無過失補償制度の創設要望

2011年10月29日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療の質の向上に資する無過失補償制度等のあり方に関する検討会」(座長:里見進・東北大学病病院長)の第3回会議が10月24日、開催された(資料は、厚労省のホームページに掲載)。前回会議で、無過失補償制度の検討に当たって、医療事故の発生件数やそれに伴う死亡数、医賠責の件数などのデータが求められたのを受け(『フランスの無過失補償制度などを検証◆Vol.2』を参照)、同省は、全国の医賠責保険の支払額は、年間300億円程度との見方を示した。医事紛争に伴う損賠賠償や示談金などの支払額が不明な中...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事