m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>「新たな専門医制度が必要」、評価・認定機構の池田理事長

「新たな専門医制度が必要」、評価・認定機構の池田理事長

一次救急の位置付け、専門医認定の第三者機関も議論

2011年11月4日 京正裕之(m3.com編集部)


厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」(座長:高久史麿自治医科大学長)の第2回会議が11月4日、開催された。専門医制度の評価・認定に取り組む日本専門医制評価・認定機構のほか、日本内科学会と日本外科学会の専門医制度についてヒアリングを行った。日本専門医制評価・認定機構の池田康夫理事長は、専門医制度を設けている学会の現状と問題点を説明、その上で、中立的第三者機関の設立などを含めた新たな専門医制度の必要性を訴えた。第2回会議では関係団体から専門医制度のヒアリングをした。池田氏は専門医制度を評価す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事