m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>専門医の「総合医・家庭医」に質問相次ぐ

専門医の「総合医・家庭医」に質問相次ぐ

医師後期臨床研修制度の研究班へのヒアリング

2011年12月2日 京正裕之(m3.com編集部)


厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」(座長:高久史麿自治医科大学長)の第3回会議が12月1日、開催され、2008年度に厚労省の研究事業で行った「医療における安心・希望確保のための専門医・家庭医(医師後期臨床研修制度)のあり方に関する研究」の結果や、日本産科婦人科学会、日本救急医学会の専門医制度のヒアリングをした。同研究結果で触れている専門医制度の総合医・家庭医といったいわゆる「かかりつけ医」のあり方に質問と意見が相次いだ。総合医・家庭医について質問が相次いだ第3回の「専門医の在り方に関す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事