m3.com トップ>医療維新>レポート>「抗がん剤、現行の救済制度では難しい」と座長

「抗がん剤、現行の救済制度では難しい」と座長

厚労省・抗がん剤等による健康被害の救済に関する検討会

2011年12月6日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「抗がん剤等による健康被害の救済に関する検討会」(座長:森島昭夫・名古屋大学名誉教授)の12月5日の会議で、森島座長は、議論の最後にこれまでの検討を踏まえ、「少なくても現在の医薬品副作用被害救済制度を延長して、抗がん剤に当てはめるのはかなり難しいのではないか」との見通しを示した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。さらに、森島氏は、仮に抗がん剤の副作用救済制度を新たに作る場合でも、「どんな理念で何を救済するか、対象は死亡事例あるいは重篤事例なのかなどについて、様々な議論というより、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

日医参与「医師のICTリテラシーの低さが課題」 2019/12/9

医学部地域枠「今のスキームはアウト、“アカハラ”の懸念も」 2019/12/9

「失敗から学ぶ」から「レジリエンス」への転換を 2019/12/8

「大幅プラス改定で働き方改革実現を」日医など総決起大会 2019/12/6

福島医大、手術事故を機に医療安全アクションプラン策定 2019/12/5

「あはき、柔整は今後も伝承していくべき」日医・釜萢氏 2019/12/3

医療データ活用で新学部、2022年設置を計画、東京医科歯科大 2019/12/3

「横倉日医会長×小泉環境相」、人生100年時代語る 2019/12/1

「定年後の医師が活躍できる医療環境を」、やまがた宣言 2019/11/30

NICUは集約化・重点化、「量」から「質」の時代へ 2019/11/28

横倉会長「医師会代表として心からご冥福を祈る」 2019/11/28

横倉会長「本体マイナスは300万人の賃下げ要望に等しい」 2019/11/28

「精神科主治医として性的搾取」、遺族が医師免許剥奪求める 2019/11/26

「地域フォーミュラリ」で薬剤費削減に成功-日本海ヘルスケアネット◆Vol.2 2019/11/26

東京五輪・パラリンピックへ向け、メディカル研修始まる 2019/11/25

「迫る2022年危機!今こそ改革断行を!」、4つのスローガン決議 2019/11/22

「厚労省はスピード感がない」電カル標準化で日医・羽鳥氏が苦言 2019/11/21

厚労省PHR、民間事業者参入で議論「モラルか、ルールか」 2019/11/20

10法人で「地域医療の最適化」実現目指す-日本海ヘルスケアネット◆Vol.1 2019/11/20

デーモン閣下「医療現場の実情、もっと知らなくては」 2019/11/18