m3.com トップ>医療維新>レポート|適切な医療費...>診療報酬本体、1%引き下げ案に反対、民主議連

診療報酬本体、1%引き下げ案に反対、民主議連

財務省から聞き取り、プラス改定求め決議採択

2011年12月14日 京正裕之(m3.com編集部)


民主党の「適切な医療費を考える議員連盟」(会長:柳田稔参議院議員)の第11回勉強会・総会が12月14日に開かれ、財務省や厚生労働省の担当者から診療報酬改定の検討状況や、11月の行政刷新会議の提言型政策仕分け結果をヒアリングした。同議連顧問の桜井充参議院議員が、「もともと(診療報酬が)不足している状況で、物価スライドで1%引き下げるのか。財務省は短期的な財政再建ばかりを考えている」と述べるなど、12月9日に財務省が厚生労働省に要請した診療報酬本体1%の引き下げに反対する意見が相次いだ。同連盟は、診...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事