m3.com トップ>医療維新>レポート|医療関係団体>勤務医と開業医の給与差「アンバランスではない」

勤務医と開業医の給与差「アンバランスではない」

日医・中川副会長、診療報酬改定に向け、新データを基に反論

2011年12月16日 京正裕之(m3.com編集部)


日本医師会の中川俊男副会長は12月14日の定例記者会見で、11月の行政刷新会議の提言型政策仕分けで、勤務医と開業医の収入の平準化を進めるとした結果について、「開業医の精神的ストレス、経営リスクを考えたら収入差はアンバランスとは言えない」と主張した(資料は、日医のホームページに掲載)。これまでは、「勤務医と開業医を比較すべきではない」と訴えてきたが、2012年度診療報酬改定、予算編成に向けた日医の見解として、日医が調査した医師の手取り年収のデータを新たに用いて説明を補完した。勤務医と開業医の手取り...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。