m3.com トップ>医療維新>レポート|医療の質の向...>原因分析と再発防止、1月にも検討部会設置へ◆Vol.4

原因分析と再発防止、1月にも検討部会設置へ◆Vol.4

無過失補償と別に議論、結論の取りまとめ時期は未定

2011年12月23日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療の質の向上に関する無過失補償制度等のあり方に関する検討会」(座長:里見進・東北大学病院病院長)の第4回会議が12月22日に開催され、今後、下部組織として「医療事故に係る調査の仕組み等のあり方に関する検討部会」を設置、医療事故の原因分析と再発防止の仕組みを優先的に議論する方針を決定した。里見座長が検討部会の座長を務め、本検討会の構成員から保険者、医療経済の専門家などを除く一方、医療安全の専門家を追加したメンバーで構成する予定。2012年1月下旬から2月上旬をメドに第1回会議を開催...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事