m3.com トップ>医療維新>医師調査|2011年の...>「一部の医療機関に負担偏重」「労働環境の改善望めず」◆Vol.5

「一部の医療機関に負担偏重」「労働環境の改善望めず」◆Vol.5

フリーコメント紹介(1)勤務医編

2012年1月6日 京正裕之(m3.com編集部)


Q.6医療分野についてのご意見・ご提言、2012年の目標などをご自由にお書きください。(勤務医の回答)◆勤務環境・医療提供体制・時間外労働をせずに医療が成り立つようにしてもらいたい。外科医の過剰勤務は、患者にとってもリスクである。・夜間診療に高度の医療水準を求める司法判断は今後、見直されるべき。それを求めるなら提供可能なだけの財源手当てをすべきである。・一部の医療機関(大学病院、総合病院、救急指定病院)への負担偏重が進んでいる。限られた医療資源の再分配、有効活用の仕組みを制定してもらいたい。・一...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事