m3.com トップ>医療維新>レポート|専門医の在り...>総合医の専門医制度、創設提案に評価の声

総合医の専門医制度、創設提案に評価の声

福井・聖路加国際病院長、日本プライマリ・ケア連合学会からヒアリング

2012年1月12日 京正裕之(m3.com編集部)


厚生労働省の「専門医の在り方に関する検討会」(座長:高久史麿自治医科大学長)の第4回会議が1月11日、開催され、前回に続き新たな専門医制度における総合医や家庭医について、同検討会の委員で聖路加国際病院長の福井次矢氏や日本プライマリ・ケア連合学会からヒアリングを行った(資料は、厚労省のホームページを参照)。福井氏が提案した総合医の制度設計については、委員から評価する声も上がった。総合医に関連したヒアリングは今回で終了し、次回以降は別の領域の専門医制度について議論する。福井氏が提案した総合医は、定義...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事